FC2ブログ
朝から降り続く  白い景色を 見ていたら
  「半年くらい前の 病院の光景」 を  思い出しました




(今ベランダの雪だるまさん達は、雪が上がるのを じっと待つのみです。雪はベタ雪・・・・)
IMG_0633.jpg




町立病院の内科は 
   受診を待つ 患者さんで いっぱいでした




本を読んだり  ウトウトしたりして 順番を待っていた時
イライラを含んだ やや大きめの声が 聞こえました


  「ん!昔は 座ったらすぐ 薬くれたもんだ!」


エッ? エエッ~??
(座ったらすぐ薬・・・それはちょっと・・・)
可笑しくなって  その作業服の男性に  目がいきました




   顔は 明らかに 陽に焼けた 濃い色でした。
   白髪が少し   背中も やや丸く 見えます。
   右足が イライラを示すように 少し上下に揺れます




声を発したあの時が イライラのピーク だったのか
     吐き出したことで  少し切り替えられたのか
         仕方がないと  諦めたのか・・・・
             それ以後は 無言で下を向いたまま でした




どんな具合なのだろう??  痛みを 我慢して??  
あの言葉を 発してしまった程 耐えておられたのでしょう


しばらくして
あい」という声で  あの男性が 立ち上がりました


ホッとした人が 何人か居たことを 想像して
         心が 少し きょろきょろした私でした





吹雪の今日も 病院へ 向かう人が おられるはず。
患者さんだけでなく   医療側の方々も。



それぞれの立場で  今することに 向かっておられる・・・。
      「ありがとうございます。」
の気持ちが湧きます



    (たかはし・りつこ、中標津カウンセリング心理カウンセラー=北海道中標津町)

2020.03.05 Thu l ノート l top